会社設立手続きの手順に沿って書類を揃える

会社設立するためには様々な手続きが必要になりますが、その手順において必要となってくる書類もいろいろとあります。
手続きの手順に沿ってどのような書類が必要になるのかを知っておくと参考として役立ちます。

まず会社の基本事項を決定したら、それに基づいて最も重要になる書類で、会社の憲法となる定款を作成することになります。
株式会社を設立する場合には、作成した定款を公証人役場で認証をしてもらう必要があるのです。
定款は公証役場保存用・会社保存用・登記用として3通必要になるので、全てに署名・押印・割り印をして用意しなくてはなりません。

定款の作成・認証が完了したら、次の手順は会社設立登記を行うことで、そのために必要となる書類を準備する必要があります。
必要となる書類は、登記申請書・登録免許税の収入印紙を貼付した用紙・登記すべき事項を保存したCD-R・定款・発起人の決定書・取締役の就任承諾書・代表取締役の就任承諾書・監査役の就任承諾書などです。
また、取締役全員の印鑑証明書・払込を称する書面・印鑑届出書なども必要な書類ですが、条件によっては不要となる場合もあります。

会社設立の手続きの手順において必要となってくる書類としては、このようなものがありますがさらに開業するために必要となる書類もあります。
会社設立後の届け出なので会社設立の手順ではありませんが、開業の届け出は必ずしなければならないもので一連の手順として考える必要もあります。

各機関において具体的に必要となる書類としては、税務署に提出が必要となる法人設立届出書・青色申告の承認申請書・給与支払事務所等開設届出書・源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書などがあります。
また、棚卸資産の評価方法の届出書など任意で提出する書類もあります。
その他にも、都道府県・市町村に提出が必要な書類、労働基準監督署に届け出が必要な書類、ハローワークに届け出が必要な書類、年金事務所に届け出が必要な書類があります。
会社設立手続きの手順に沿って一つ一つ確実に書類を揃えて、スムーズに手続きが進むようにすることが大事です。